ホーム > 日本顎咬合学会の国外に向けた「第二の論文誌」


日本顎咬合学会の国外に向けた「第二の論文誌」

日本顎咬合学会の国外に向けた「第二の論文誌」
“Journal of Interdisciplinary Clinical Dentistry”

 従来より日本顎咬合学会は日本国内の歯科医師が最も多く所属する学会として活発な活動を展開してきました.そして学会が発行する本誌「咬み合わせの科学」においても多数の優秀な論文が掲載されてきました.今後,さらに学会が発展していくためには,会員の国際的な発表の場が必要と考えられます.しかし,国際論文への投稿や国際学会での発表については語学の問題などがあり,少々敷居が高く感じるかもしれません.今回,当学会と提携することになったInternational Academy of Contemporary Dentistry(以下iACD)では,2020 年からオンラインジャーナルである“Journal of Interdisciplinary Clinical Dentistry” を年に2回発行していますが,この専門誌は英文のみならず,日本語,スペイン語,中国語にも翻訳され複数言語で公開される世界初のジャーナルです.
 そして,iACD との提携事業の中で,日本顎咬合学会会員の投稿論文年間2 編の査読,翻訳,掲載が,投稿者の金銭的な負担なしに行われることが決定しました.いわば日本顎咬合学会の「第二の論文誌」とも言える位置づけとなります.内容は主に原著論文ですが症例報告や総説も,今後受け付ける準備があるとのことなので,国際論文として発表できるクオリティの論文を是非とも投稿していただきたいと思います.
 このジャーナルへの投稿の窓口は編集委員会となりますので,当面はこちらで審査をした後に投稿という形になりますが,ご興味のある方は是非ご連絡ください.

特定非営利活動法人 日本顎咬合学会
編集委員会 委員長 関野 愉

投稿に関する質問は日本顎咬合学会メディアセンターまで



Journal of Interdisciplinary Clinical Dentistryの論文閲覧について

Journal of Interdisciplinary Clinical Dentistryに掲載の論文を閲覧するには登録が必要です。
RegisterページからProfileLogin(e-mailとpassword )の登録を行ってください。

登録画面はこちら















日本顎咬合学会facebook




都道府県