HOME
ご案内
プログラム
参加登録


北海道支部
WHO'S WHO
↑演者についてはこちら↑
上川明久(歯科医師)
正中矢状面を基準とした診査・診断を実践したフルマウス・リコンストラクションの症例報告
千葉豊和(歯科医師)
デジタルデンティストリーの現在地 ―臨床的見地から―
吉澤琢真(歯科技工士)
デジタルデンティストリーの現在地 ―技工的見地から―
佐藤昌美(歯科衛生士)
「健口長寿」に結びつく歯周基本治療 ―歯科衛生士の立場から―
坂田純一(歯科医師)
構造的,機能的観点における臼歯欠損に対する補綴治療の長期安定性の考察
高松雄一郎(歯科医師)
前歯部補綴修復治療に際してデジタル技術を用いた症例
安永賢史(歯科医師)
咬合再構成におけるデジタル技術の活用症例
吉井透(歯科医師)
FGF-2製剤を使用した歯周組織再生療法
寺田康兼(歯科技工士)
IOSデータからの技工手法別精度検証
三浦千尋(歯科技工士)
シークエンシャル咬合を考慮した補綴装置
東北支部
WHO'S WHO
↑演者についてはこちら↑
渡辺理平(歯科医師)
一般開業医におけるデジタル歯科臨床の活用
山下貴史(歯科医師)
インプラント治療による咬合再構成における,デジタルとアナログの融合
齋藤太紀(歯科医師)
顎機能検査の有用性について −顎運動測定装置を用いた咬合再構成−
大泉博史(歯科医師)
インプラント治療におけるデジタルデンティストリー
中村慎介(歯科医師)
マイクロスコープを用いたVital Pulp Therapy(歯髄温存療法)を成功させるために
山内健介(歯科医師)
咬合関係を主体とした顎矯正手術での3Dシミュレーションの現状と課題
関錦二郎(歯科技工士)
デジタル技工の変遷とこれから
大内悠輔(歯科技工士)
切削加工(CNC)と比較した3Dプリンターの優位性と臨床応用
橋久美子(歯科衛生士)
デジタルスキャニングによる矯正患者へのアプローチ ―バーチャルケア時代に輝くスタッフのスキル―
大森梢(その他)・笹村ひかり(歯科医師)・佐藤奨(歯科医師)
チーム医療におけるデジタル化の実践と課題
庄司亜希子(その他)
デジタルレセプション
関東・甲信越支部
WHO'S WHO
↑演者についてはこちら↑
大谷一紀(歯科医師)
低侵襲な前歯部欠損補綴「接着ブリッジ」
神山剛史(歯科医師)
ライフステージを考慮した包括歯科臨床の実践 ―『木を診て森も診る』生涯メンテナンスのポイント―
亀田行雄(歯科医師)
一口腔,一生涯単位の歯科医療 ―加齢を見据えた4Dデンチャーデザイン
小西浩介(歯科医師)
これから始めるテレスコープデンチャー
成仁鶴(歯科医師)
歯列不正により,下顎位が変化し,顎口腔系に異常をきたしている患者への矯正治療(3症例)
高井基普(歯科医師)・任剛一(歯科医師)
補綴と矯正の融合
中村茂人(歯科医師)
筋肉位での水平的垂直的顎位改善におけるセファロ分析の1考察
長谷川雄一(歯科医師)
明日から実践!カリオロジーの臨床
畑中秀隆(歯科医師)
治療結果の長期的安定を目指して
南雲淳平(歯科技工士)・寺尾豊(歯科医師)
精度の高い補綴治療を目指したチェアサイドとラボサイドのコラボレーション ―インプラント治療,矯正治療による咬合再構成症例を通して―
齋間直人(歯科医師)・鵜池香織(管理栄養士)
一般歯科診療における管理栄養士との協働のすすめ
岩城謙二(歯科技工士)
Digital Dentureの設計支援と咀嚼能力の改善を図った治療用義歯を活用したシステム
湯浅直人(歯科技工士)
Shade Matching in the Digital Era ―仮想試適による確実な色合わせの実践―
安生朝子(歯科衛生士)
歯科衛生士,もう一つの視点 ―食事の話で楽しく過ごす―
片山章子(歯科衛生士)
続くメインテナンスのコツ
小林明子(歯科衛生士)
歯科衛生士のための咬合の取り組み ―❝育てる咬合❞ ❝治す咬合❞ ❝守る咬合❞のカテゴリー提案
遠藤元気(歯科医師)
上下顎遊離端欠損に対して矯正治療を用いた咬合再構成
小森真樹(歯科医師)
デジタルデンティストリーを応用して低侵襲手術にて機能回復を行った症例
根間大地(歯科医師)
多数歯欠損に対しインプラントと部分矯正を用いて咬合再構成を行った症例
町田真吾(歯科医師)
水平的,垂直的骨造成を行い審美的,機能的回復をした1症例
諸隈正和(歯科医師)
広汎型慢性歯周炎および臼歯部咬合支持喪失患者の機能回復を行った1症例
八代一貴(歯科医師)
下顎両側遊離端欠損患者にインプラントと義歯を併用し治療を行った1症例
中部支部
WHO'S WHO
↑演者についてはこちら↑
園田晋平(歯科医師)
ジルコニア時代にこそ求められるオクルージョンの原則
菅義嗣(歯科技工士)
患者固有の顎運動における咬合面形態を考察する
大野純一(歯科医師)
メインテナンスの❝あり方❞を考える ―患者利益を考えるメインテナンスの原則
阿部公成(歯科医師)
既存の手順とデジタルフローを併用することでできる精密なインプラント治療
飯田真也(歯科医師)
接着技術とCAD/CAMを活かした保存修復治療
疋田涼(歯科医師)
チームでつくるデジタルデンティストリー
近畿・中国・四国支部
WHO'S WHO
↑演者についてはこちら↑
本多正明(歯科医師)
咬合・機能回復の原点 ―咬合再構成をLongevityから考察―
秋山 博道(歯科医師)
臼歯部欠損と下顎前歯部叢生を伴った咬合崩壊患者に対する咬合再構成症例
伊藤 彰規(歯科医師)
ミューチュアリープロテクテッドオクルージョン達成への考察
大井手 和久(歯科医師)
外傷による咬合崩壊に顎堤再建を伴うインプラントにて咬合再構成した症例
北逵圭佑(歯科医師)
歯牙の保存を考慮した咬合再構成症例
久保達也(歯科医師)
アライナー矯正治療が有効であった症例報告
谷口貴一(歯科医師)
U級歯列不正患者に対し,あえて矯正を行わず咬合再構成を行った症例
山ア剛之(歯科医師)
適切な歯肉縁下形態の付与により歯肉ラインを改善したインプラント症例
栫井孝志(歯科技工士)
審美的咬合平面再現への考察 ―ラボサイドでの取り組み―
藤本光治(歯科技工士)
咬合再構成における診断用ワックスアップの具備すべき要件と組み立て方
若井友喜(歯科技工士)
顎顔面の調和を求めたデジタル補綴設計
高槻直子(歯科衛生士)
TCHを認める患者への歯科衛生士からのアプローチ
原野晶代(歯科衛生士)
ラポールの形成を行うことでTBIの変化を追う
丸山葉子(歯科衛生士)・今村玖美子(歯科医師)・大塚洸輝(歯科技工士)
補綴治療を成功に導くためのチームアプローチ
九州・沖縄支部
WHO'S WHO
↑演者についてはこちら↑
井口佳大(歯科医師)
移植とインプラントを用いて受圧加圧条件の改善を行った1症例
今林大輔(歯科医師)
狭小顎堤の前歯部欠損に対して専門医と連携して行ったインプラント症例
小川直子(歯科医師)
高齢者におけるインプラント治療とその管理
河端憲彦(歯科医師)
テレスコープを選択した重度歯周炎の1症例
木原綾子(歯科医師)
一口腔単位で診断し下顎大臼歯部インプラント修復を行った1症例
境大助(歯科医師)
アイヒナーB3の歯列にテレスコープ義歯で対応した1症例
杉田礼次朗(歯科医師)
生理・生体咬合を考慮したフルマウスリコンストラクション
陶山新吾(歯科医師)
低侵襲審美修復治療を目指した1症例
竹中崇(歯科医師)
矯正治療およびインプラントを用いて咬合再構成を行った1症例
多々隈貴之(歯科医師)
前後すれ違い一歩手前の欠損に対して二次固定を行った症例
鳥越理一(歯科医師)
2級窩洞コンポジットレジン修復の適切な隣接面付与のための取り組み
中尾祐(歯科医師)
特別養護老人ホームにおける歯科治療で注意を必要とする薬剤の服用状況
中原正嗣(歯科医師)
サージカルガイドを用いた自家歯牙移植
深井康弘(歯科医師)
深在性う蝕に対する治療と考察
深水康太郎(歯科医師)
マイクロスコープとIOSを用い保存修復を行った症例
「福泰(歯科医師)
急速拡大を用いた小児矯正について
帆足亮太郎(歯科医師)
限局型重度慢性歯周炎の1症例
丸山俊正(歯科医師)
歯根の挺出を行い歯肉縁下う蝕および歯根破折した歯の保存を試みた1症例
森竜文(歯科医師)
舌がん摘出・皮弁再建術術後にブリッジ・可撤性義歯で機能回復を図った症例
吉岡和彦(歯科医師)
矯正治療後の咬合不調に対し補綴処置を行い改善を図った1例
吉永義優(歯科医師)
生体に調和した咬合を付与した総義歯
古賀智也(歯科技工士)
義歯再製作をいかにして抑えるか
廣末将士(歯科技工士)
オールセラミックス修復物製作におけるポイントと工夫
延田つぼみ(歯科衛生士)
重度の歯周炎に対する歯科衛生士としての取り組み
藤田茉優(歯科衛生士)
歯科医師の力を最大限に引き出すアシスタントワーク


特定非営利活動法人 日本顎咬合学会
〒102-0093 東京都千代田区平河町1-8-2 山京半蔵門パレス201
TEL 03(6683)2069 - FAX 03(6691)0261
E-mail:nichigaku@ago.ac